革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

国内最大級で利便性が高いJCBカード

ビル

最新技術と自然との調和

JCBは日本唯一ながらも、国内最大級の加盟店を誇るカードブランドで日本人なら1枚は持っていなくてはいけない!?必須アイテム。
 まぁ、今の時代、どこのお店に行ってもJCBのほか、VISA、MasterCardを持っていれば困ることはありませんが、小さなお店や地方のお店に行ったとき、JCBしか使えません!というところも存在します。
 海外に行く機会があるならVISAやMasterCardを持っていた方が安心ですが、日本国内にいることがほとんどで海外に行く予定なんかない!と言う方はJCBカードを持っているのが無難ですよね。
 そのJCBカード、提携カードもたくさんありますが、株式会社ジェーシービーが発行するJCB一般カードは年会費1,312円(税込)と有料。
しかし、「MyJチェック」に登録し12月16日~翌年12月15日のショッピングご利用合計金額が50万円以上の場合は、翌年の年会費が無料になる特典付き!年間50万円ならそんなに高いハードルではないし、実質年会費無料のクレジットカードと捉えることもできるのではないでしょうか?
 JCBゴールドは年会費1万500円で、一般カードと比較して補償内容が厚くなるほか、ゴールド会員限定の特典も多数用意され、価値ある一枚です。

JCBカード ラインナップ

JCB一般カード券面画像

JCB一般カード

年会費1,312円のスタンダードタイプのJCBカード。年間50万円以上のカード利用で翌年の年会費は無料になる特典付き!この年会費で最高3000万円まで補償する国内・海外旅行傷害保険が付帯しているのは非常にお得!

JCBゴールド券面画像

JCBゴールド

最高1億円まで補償する海外旅行傷害保険が付帯したJCBゴールド。国内旅行傷害保険は最高5000万円までのほか、最高1000万円まで補償する犯罪被害傷害保険や、空き巣被害お見舞金なども用意。空港ラウンジは国内主要空港のほか、ハワイ・ホノルル国際空港のラウンジも無料で利用可能!

JCB 法人プラチナカード券面画像

JCBプラチナ法人カード

法人専用のプラチナカード。法人カードには一般カードやゴールドカードも存在しますが、プラチナカードはワンランク上のサービスを求める方に適しています。年会費は31,500円と割高ですが、有名レスト連にて2名様以上で予約すると1名分が無料になる特典など、元を取ることも可能な1枚です。

JCBゴールド ザ・プレミア券面画像

JCBゴールド ザ・プレミア

MyJCBのメルアドに登録し、JCBゴールドを年間100万円以上を2年連続で達成している方を対象に入会の案内が届くカード。特典内容や補償内容がアップするのに、年間100万円以上のカード利用があれば、年会費の追加はない。